__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams

mimi's world - 5 * Icy Desert

.


華やかな舞踏会が開かれる

・・・煌きの世界



それは、大勢の王子様とお姫様が集まり

・・・優雅に踊りあう宴



微笑みと談笑と音楽に踊りに、自分の得意なものを披露する

・・・華やかな御伽の国



その中に夢見るヤツが入ってくる

魔法で綺麗にされて姿を変えて・・・



そして・・・


幾年月の歳月の間に

丁寧にメンテナンスされ続け、その城壁に蔓を伸ばし花をあしらわせ
自分の城を確固たる頑丈なものに変えられる王子が、王になり
その城の周りに、幾つもの街を村を、そして国となって君臨する

・・・その城の王子は伝説として歴史に残る


幾年月の歳月の間に

朽ち果て崩壊する城・・・

誰も居なくなった城に、お零れを奪うカラスでさえも消えた時
そこに勝手に進入して自分の住処として巣食うモノ


人であるか

獣であるか

虫であるか

草であるか


ただ生命が住み始めるのならばそれは、

雨に風に自然に、負ける事の無い・・・

其のものにとって、快適な城となるのだろう



花の蔓が城壁に巻き付いて、綺麗な色とりどりの花を咲かせる

その城の周りの溢れるように咲き乱れる花園

綺麗な城に住む・・・

・・・赤い瞳の悪魔


蒼い瞳の天使が遣って来て・・・

自分の城から突き落とされた時


目を瞑り


今までの後悔を受け入れ落ち行く

死からの再生をもたらした、蒼い瞳の白い天使


悪魔の死

王子への再生


その蒼い瞳から流れた涙に掛けられた・・・


・・・純粋な涙の魔法に 心が奪われた瞬間 _________



王子としての自国の君臨の時



王子が奏でる曲の中で・・・

魔法で綺麗にされた姫を受け入れたいと

招待状を出した


“ ただ、逢いたい・・・”  と. . . .


・・・けれど . . . __________



.

 
  1. Instrumental of Love Dreams
  2. [ edit ]
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美海 * mimi

Author:美海 * mimi
....................

the 5th mimi's world


* Icy Desert *


The Functions under

UNCOMPLITION
DRYNESS
QUIETUDE

their sensibility
of
Love Dreams


the BIRTH STONEs

- Feb.10th

Red Tiger's eye

..Awakening by
the Destruction and the Creation of Destiny

- May.29th

Iolite

..awakening by
Identity



- Dec.25th

Lapis lazuli

..awakening by
Reborn from Past Away

WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-5 * Icy Desert All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

Under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.

« 2017 08 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -