__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams

mimi's world - 5 * Icy Desert



DEICAの香りに包まれて
敦賀蓮の最期の時が美しく散って欲しいと望んだ、あの時を思い出す。


あの真っ赤なバラが窓一面に映った、バラの香りのキャンドルの炎が・・・

浮かび上がらせた、自分の偽名のサイン




思い出すのは・・・その事・・・


だから、だから・・・何度も躊躇って言えなかった

だから、だからどうしても・・・素直に成れなくて・・・


鏡の前に自分が灯したTea Roseのキャンドルのバラの香りに思い出していた。


鏡の前で君を後ろから抱きしめて



_____ その星は・・・
俺と君の心の中で、
一つの愛に・・・



そう言いながら鏡の中の自分達二人共を見ている・・・

自分の瞳も、君の瞳にも

Tea Rose 甘いバラの香りの炎が照らした・・・



・・・赤い瞳・・・



バスタブから溢れんばかりの真紅のバラの中に香った甘いDesire 望みのバラの香りを思い出して、あの時も二人が窓に映った瞳の色は、その真っ赤なバラの色。

偽りの愛

だと・・・君には思われているのかと・・・その色に・・・

赤いバラの写る窓辺にした敦賀蓮の偽名のサインも、偽りの自分が灯されていたと感じていて

二人の瞳が偽りの愛を演じていると、心だけが素直に感じていたから・・・



だから・・・


_____ その星は・・・
・・・
敦賀蓮と京子の・・・

心の中で
・・・一つの愛に

永久に共に運命を信じ・・・

願いを叶えると・・・



その赤く光る瞳から、瞬きもせずに落とした涙が、重ねた手の間に吸い込まれたのを見ていて
偽名同士の、偽りの愛が心の中に吸い込まれる様に・・・その心に植えつけた。


・・・一つの言葉 . . .__________



_____ これから・・・
幸せの涙だけを、この頬に・・・


“ バラ色に染まるこの頬に・・・”


・・・笑顔を・・・のせて・・・

流させる事・・・




フッ ・・・―――


“ 笑顔を、のせて ”______・・・?

“ 流させる事 ” _______・・・・?


偽名のままの偽りの愛は、これで十分だと

バラの荊の森の香りにその炎を瞳に映した偽名の自分が思っていた。



真紅のバラの、雨が降り続く闇の窓に、キャンドルの灯に浮かんだサインを思い出して、

そのバラの香り・・・



・・・My Desire __________



敦賀蓮と京子の
これからの未来に・・・は・・・


共に永久に
その願いを叶えると・・・は・・・


お互いが求めるのは愛ではないのかもしれないと思いながら、
どんな願いを叶えてあげられるのか、叶えて欲しい願いは・・・

君しか知らない

どの星に願いをかけた事なのか、それすらも分からない。から・・・



“ 一つの愛 ” では無くて  “ 一つの心に ”


ってね・・・_____________




_____ ・・・望み 



このままでは、そんなものに誓う気が起きないでいた演技としての感情の中で、
敦賀蓮が自分の望む通りの言葉として・・・この言葉を選んだ。

My Desire自分の望みの香りに包まれた、偽名のサイン。いや・・・
芸名としてのお互いのサインを、雨の降る漆黒の闇の夜が綺麗に浮かび上がらせてくれた外が赤いバラの映った窓を、お互いに見詰めていた・・・

・・・赤いバラの写った、お互いの赤い瞳。

あの望みの香りを、思い出す。



この香りを創った自分・・・


君の体からも、自分の身体からも、同じ様に香る森の香り

それぞれの中に想い描く荊の森が違うのは・・・ My Desire それぞれの望みが違うから

でもね、

男と・・・女と・・・肌に残った同じ香りは、それぞれ違うと感じた

・・・・久遠としての君との二度目の時。


お互いの森の香りが違うから、Tea Roseの甘いバラの香りの空間に、
ひまわりの森の姫君を・・・

自分のバラの森に誘なった。


お互いの自分の望みは、Tea Roseのキャンドルの炎に浮かぶ鏡の中の抱きしめ合った自分達



_____ どうか・・・二人の心に・・・


この言葉にならない想いが・・・

永遠に刻まれて・・・ 一つに・・・

    成ってくれる事を・・・・



大きく息を吸って目を瞑り・・・
そのバラ色の炎の中に浮かぶ君の頬を伝う涙が、バラの森の中に霞む星の明かりに照らされた夜露の様で、傷だらけに成って彷徨う自分のその傷に・・・


容赦なく沁み込んで・・・


この心が痛いと感じている本当の自分が、霞に薄まる自分の命を・・・
涙の雫が心の傷から流れる血を薄めてしまい、偽りの赤色をぼやけさせていた。


左手で感じていた彼女の鼓動がゆっくりだったから、自分が言った言葉を本気に取っていないと思った時・・・だった。彼女が自分の手と重ね合わせて出来た輝きの中に見える・・・



Infinity as the seal of the one . .


一つの自分・・・永遠の証



Tea Roseのバラの森に浮かぶ半月の光と、森に灯されたキャンドルの様に、その炎が見せた耀きがピンクで・・

蒼になって、多色・・・Celestial Fairytail 色のMultiHUEdに見えた時・・・

素直に成ってもいいのかと思う言葉を重ねられて・・・



貴方の運命が・・・
運命が破壊だったのかとは、思いません。

・・・無限の可能性を信じて ________



無限の可能性は、彼女が自分・・・久遠を演じてくれた時

心の中に感じてくれた言葉が出たもので・・・



・・・それ・・・・



傍に居たのは蓮だった。





心の中で久遠が、オレの言葉であったとしても・・・
それを聞いた訳じゃない。

直接聞いたのは、お前だろ・・・・ 蓮 ___________


そう聞こえていた。



・・・自分がたった今、言ったのは____________



_____ 敦賀蓮と京子のこれからの未来に、共に永久にその願いを叶えると


ここに・・・


“ 一つの心に成れると ”


・・・望み・・・


どんな事があっても、この “ 心 ”が・・・ ________





それに・・・・





_____ 幸せの涙は、どうぞいくらでも流してください。


“ その頬に、必ず同じ涙 ”を、流させると “ 勇気 ”を持って、

貴方のとのこれからを望む・・・

二人の“ 心 ”に・・・

・・・一つに成ってくれる事を・・・・・




なのに、君が続けたのは



_____ 無限の可能性を信じて・・・

私と・・・ “ 一つの愛 ”に成れます様に・・・




・・・だったね__________



俺、敦賀蓮は、愛って一言も言ってないよ・・・キョーコ・・・


だから、演技が続けられた。自分で言った言葉通りに、敦賀蓮と京子の二人の役者の未来が
共に永久に輝くものであって欲しいと・・・誓えない・・・


そう、望む・・・だけ・・・・・



自分たちが追い求める夢の世界は、王様たちが牛耳っている。

俺の力では、助けてあげる事は出来てもね・・・どうにも出来ない。



自分の人生・・・

破壊と創造が交互に来る様に背負った宿命が自分といつも戦うものだとしても、戦士の守り神であったとしても、夕暮れのアメジスト色の空に無数の銀河の星たちがその空を彩り煌く時には・・・全て・・・・

太陽の消えた・・・闇の中

闇の中には、二人の自分を隠すのには十分で

その、“ バラ色の頬に・・・同じ涙を流させる ”事を・・・

・・・俺達、蓮と久遠の二人ともが、偽りの自分であって

二人が同じ、バラの荊の森に彷徨った姫のバラの映る瞳からバラ色の頬に

同じだけ、涙を流させてあげると・・・


“ 勇気 ” を持って、言った。



でもね、君が・・・
半月の光と闇の二つの月から照らした太陽の光で掛けてくれた魔法

蒼白い月明かり、太陽の色を失ったその君の光が変えてくれた


Infinity as the seal of the one


一つの心に無限の可能性の証と波打つ瞬きが見せた、七色の輝きは


月の光が創った虹・・・ 月虹の世界の中で今何だって言ったのか・・・


蒼い瞳の王子も苦しくて、黒い瞳の王子も苦しくて
パンダも熊も似ているだけの、違うと・・・覚悟をして言ったから・・・

ただ、勇気を持って突き放しても

Infinity を Celestial Fairytailのクオンとしての未来の輝きに

ReLUCK だけ・・・


お守りの天使に託して、Pure HUE d の君からの魔法を・・・

PURE 純粋な、HUE 自分のまま・・・君との未来に本当の自分が

Mr. ・・・ D に、成れる様にと・・・



・・・Sunflowers ひまわりの憧れの意味に、ひまわりの香りと共に

言ってくれたよね・・・___________




それには・・・PureHueDの心で、Infinity as the seal of the one・・・

chuehoneの永遠の証には・・・

君の望む、“ 一つの愛 ”を・・・


・・・誓いたいと思うよ . . . . .



 
shinning by SUN * side- CHUEHONE
- AWAKE as LUSTILY . . .Resonance shine by the RED* Red tiger's Eye

shinning by WATER * side- SHO
- AWAKE as LUSTILY . . .Lustily shine * Iolite

shinning by STAR * side KYOKO
- AWAKE by the RED . . . Awake to hold *Lapis Lazuli


to . . . Furiously Instrumental of Love Dreams n.296 * without Pass word
to . . . Furiously Instrumental of Love Dreams n.297 * NEED PASS WORD


  1. Instrumental of Love Dreams
  2. [ edit ]
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美海 * mimi

Author:美海 * mimi
....................

the 5th mimi's world


* Icy Desert *


The Functions under

UNCOMPLITION
DRYNESS
QUIETUDE

their sensibility
of
Love Dreams


the BIRTH STONEs

- Feb.10th

Red Tiger's eye

..Awakening by
the Destruction and the Creation of Destiny

- May.29th

Iolite

..awakening by
Identity



- Dec.25th

Lapis lazuli

..awakening by
Reborn from Past Away

WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-5 * Icy Desert All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

Under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.

« 2017 06 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -