__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams

mimi's world - 5 * Icy Desert

.


逢いたい・・・

    ・・・なんて・・・


自分の曲が頭に思い浮かんだら


照れくさくて、何処を見ていいのかさえ分からない程だった・・・



いま、自分のスタジオで一人
・・ピアノの前で考えていた. . . . .



______ アーティストへの、アイドルからの脱皮



そんな言葉に自分の心が感じていたのは、子供から大人に成る時。
こうして、人は皆・・・

苦しんで悩んで、自分で感じた事に自分で問いかけて、自分で答えを見つけて行くのだろうと思う。

本当の自分に、照れくさくて嘘を被せようと創った曲も・・・

自分が一人で苦しんだ事を見せてもいいとさえ思えて撮らせたCMには、自分の心の成長をキョーコに見て欲しかった。もう、子供のままの俺じゃないと、敵わないかも知れない京子の仕事相手の大人の・・・アイツら男たちと、キョーコの中で俺も肩を並べてもらいたいと思う現れ。

こんなにも、キョーコの事が頭から離れられなくなるのだったら、昔の上京した時のままに戻りたい。

自分の曲に現れているその歌詞には、嘘を被せはしなかった・・・


___ 最終電車、僕の肩に顔を埋め・・・
   
   寝息を立てる・・・


それが、何よりの幸せだったと感じた事は、本当の気持ちだった。


自分が歌いたかった曲と、ファンからの要望と、レコード会社、事務所からの方針と・・・
いろんな事が気持ちの中で食い違って、どうしていいのか悩んだ事には、
キョーコの好きなメルヘンの世界でならば、まぁいいかと思い、デビューして間もなくの頃。

直ぐに自分がトップに躍り出て、自分の大切なものを見失うかの様に、自分は世間に創られてゆく自分の世界の中に没頭していった。

自分の失った大切なものは、今、自分が逢いたいと乞うだけの願いに、叶えてもらえるのかどうか神にも聞きたいほど、心の中が締め付けられている。

真っ暗な、キョーコのマンションを横目で見て・・・


車のラジオから流れた、自分の曲の後・・・

たった1曲だけ、神が与えてくれたチャンス。

自分の欲が上回り、チャンスを逃して聴き続けたラジオ・・・


信号で止まったのも、時間を稼がせるかの様に、神に仕組まれたとしか言いようの無いタイミング。

キョーコの傍に居る、京子の仕事の先輩。
アイツとの事は、本人が自分の飼い主だと言ったから、この真っ暗な部屋に今夜は帰って来ないのかと・・・

自分は、逢いたいと思うだけなのに・・・

自分の大人に成り行く心の変化を、知らせる事すら、叶わない願いなのかと思っていた。

自分がこんなにイライラしている事も、誰にも今まで本気でぶつけた事は無い。
俺のパクリだったレイノの事だって祥子さんにもぶつけた事は無く、自分一人でいつも・・・足元が崩れそうな感覚と背中合わせに、苦しんだ。

今、俺に必要なのは、こうしてイライラした気持ちを曝け出せる相手。
それは、子供の頃から、ただ一人。

・・・今、どうしても逢いたい人

なのに・・・
その俺の願いを、神は嘲笑うかの様に俺に聴かせた・・・

キョーコの部屋の前で、敦賀蓮の曲をリクエストなんか珍しい小癪な技で聴かせやがった。

でも、俺は自分で、たった一曲・・・

その数分のチャンスを逃したのだと思っていた。


ピアノの黒いツヤツヤに輝く表面に自分が写っている。
蓋をそっと両手で開け鍵盤に掛かる、赤いフェルト生地を端から丸めていた。

その時、指が触れて一つだけ音が出た。



Fantasy – Impromptu 幻想即興曲の最初の音・・・



頭の中をアイツの弾いたピアノがぐるぐる廻り始めてしまった様に、犯されていた。


そのミの音を頭から消したくて、頭の中を自分の曲に変えようと ド、ド、ドと、3オクターブ分のドの音だけを出していた。

タブレットの画面を捲ったり、ピアノの表面をじーっと見詰めていただけで、何も出来ないで居て・・・
ピアノの表面に写る自分の顔を、2日前に撮った、ただ一度だけ流れるCMを撮った事を思い返す。

_____ ただの一回だけ・・・

その思いがあったから、自分が創った曲に想いを込めて映させた自分の姿。

どのぐらいの人が見ているのか分からないけれど、キョーコにだけ伝えたい言葉。

ただ逢いたい・・・

それだけのメッセージの為に、自分の今までに創り上げたイメージを壊して曝け出してもいい. . . .



・・・・でも、

叶わなかったかもしれない、自分のその願い。

真っ暗なキョーコの部屋を横目で見て、ここにたどり着いていた事。
それならば・・・
アイツの曲を聴かせながらキョーコのマンションを見ていた俺。神が俺に仕組んだその罠。

その罠にキョーコも掛かっていてくれたなら、アイツの部屋で見てくれていたかも知れないと思う事・・・


CMと同じ様に、ピアノを見詰めていた自分の顔・・・

・・・静かに涙が流れているのを見ていた。



自分の頭の中に、アイツの曲が蘇る・・・

俺を哂っているかのように聞こえて来て、ピアノを叩きそうに成っていた。


フ―― っと長い息を吐いて自分を落ち着かせ、両手を握り自分がする そのおまじない、
ライブで歌う時にも、テレビに出る時にも、必ず成功を自分から自分自身に信用して祈る事。

両手を握りキスをして、瞑っていた目を開き・・・

今は、ピアノに写った自分の顔を確かめる。

CMの時のように、闇のような黒い表面に写る自分は、もう泣いていなかった。



(よし!)


そう思えたから、勇気を出して一歩前に踏み出したこの自分に、微笑んだ。


握っていた両手を、パキッ、パキッと鳴らしグーにしてパーにして、ストレッチした。
両手に鍵盤を置いて、目を瞑ると頭の中にアイツの弾いた楽譜が浮かんでくる。

息を大きく吸って、吐き出さないうちに・・・

さっき指が触って出てしまった音に、勝手に指が動いて弾き始めていた 



Fantasy – Impromptu



弾き始めて2音目にはもう


キョーコではなく、アイツを思い出していた・・・・・





.


 
  1. Instrumental of Love Dreams
  2. [ edit ]
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美海 * mimi

Author:美海 * mimi
....................

the 5th mimi's world


* Icy Desert *


The Functions under

UNCOMPLITION
DRYNESS
QUIETUDE

their sensibility
of
Love Dreams


the BIRTH STONEs

- Feb.10th

Red Tiger's eye

..Awakening by
the Destruction and the Creation of Destiny

- May.29th

Iolite

..awakening by
Identity



- Dec.25th

Lapis lazuli

..awakening by
Reborn from Past Away

WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-5 * Icy Desert All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

Under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.

« 2017 10 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -